雑菌性尿道炎 抗生物質

雑菌性尿道炎で使われる抗生物質の種類は?

雑菌性尿道炎 抗生物質

 

雑菌性尿道炎とは淋菌とクラミジア以外のばい菌が
尿道で繁殖して起こる炎症のことをいいます。

 

要するに原因菌が淋菌、クラミジア以外なら
雑菌性尿道炎というわけです。

 

そういった意味では、しっかりと原因菌がわからない状態で
治療を行うことになります。

 

とはいえ、はっきりと原因菌がわからなくても
原因はばい菌なのでお薬は抗生物質を使用します。

 

この記事では雑菌性尿道炎でよく使われる抗生物質の種類について解説します。

 

 

雑菌性尿道炎でよく使われる抗生物質とは?

 

フロモックス

 

雑菌性尿道炎でよく使われる抗生物質はセフェム系という種類に入るタイプです。
具体的にはフロモックスという抗生物質が雑菌性尿道炎に治療で使われます

 

雑菌性尿道炎の場合にはフロモックスを2〜3週間くらい飲み続けることが多いです。
抗生物質を飲む期間については各お医者さんによって違います。

 

こだわりがあるのです。

 

そのためあるお医者さんは2週間分のフロモックスを処方することもありますし
逆に5日分くらいの短期間しかフロモックスを処方しないお医者さんもいます。

 

抗生物質はばい菌をやっつけるお薬です。

 

雑菌性尿道炎
雑菌性尿道炎に抗生物質はよく効きます。
ですが無駄に長期間抗生物質を飲み続けると
今度は別の病気で抗生物質を飲むときに効果が落ちることがあるのです。

 

これを『耐性菌が発現した』といいます。

 

そうなると別の抗生物質を選んで
もう一度抗生物質を飲まないといけなくなるので
病気が治るのに、かえって時間がかかってしまうのです。

 

ですが、最初の雑菌性尿道炎の治療で短期間しか抗生物質を飲まなかったために
中途半端にばい菌が生き残り、かえって治療が長期化することもあります。

 

そんなこともあって、お医者さんによって抗生物質(フロモックス)を
処方する期間はバラバラです。

 

とはいえ、雑菌性尿道炎で使う抗生物質はセフェム系という種類が多く
具体的にはフロモックスを使用するお医者さんが多いです。

 

こちらも参考に!⇒雑菌性尿道炎の原因は?

 

スポンサードリンク

関連ページ

雑菌性尿道炎の原因は?
雑菌性尿道炎の原因についてわかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎の症状を淋菌性とクラミジア性尿道炎と比較しました
雑菌性尿道炎の症状を淋菌性とクラミジア性尿道炎と比較しました。
雑菌性尿道炎の治療はどうするの?
雑菌性尿道炎の治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎はうつる病気?
雑菌性尿道炎はうつる病気なのか?わかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎なら膿はでるの?特徴は?
雑菌性尿道炎なら膿はでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎にジスロマックは有効?
雑菌性尿道炎にジスロマックは有効でしょうか?わかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎の潜伏期間は?
雑菌性尿道炎の潜伏期間についてわかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎が治らない3つの原因とは?
雑菌性尿道炎が治らない3つの原因についてわかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎の検査方法
雑菌性尿道炎の検査方法についてわかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎で再発する原因とは?
雑菌性尿道炎で再発する原因についてわかりやすく解説しました。
雑菌性尿道炎の治し方
雑菌性尿道炎の治し方についてわかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎