慢性膀胱炎の症状

慢性膀胱炎の症状の特徴とは?

膀胱炎には

  • 急性膀胱炎
  • 慢性膀胱炎
  • 間質性膀胱炎
  • 出血性膀胱炎

 

があります。

 

膀胱炎

 

それぞれの膀胱炎で症状に違いがあります。
この記事では慢性膀胱炎の症状の特徴について解説します。

 

慢性膀胱炎の症状は急性膀胱炎ほどのお腹の痛みはありません。
でも、慢性膀胱炎はオシッコがたまってないのにトイレに行きたい感覚が続きます。

 

ただトイレに行ってオシッコをしようとしても
チョロチョロと少量の尿しか出ません。

 

あと、慢性膀胱炎は大きく分けて2つの原因で起こります。

 

急性膀胱炎の原因であるばい菌が治らず慢性化した場合と
膀胱結石や膀胱腫瘍などが原因で膀胱が傷つきばい菌が繁殖した場合です。

 

急性膀胱炎はウンチに入っている大腸菌などが
尿道に侵入し膀胱で繁殖して起こる病気です。

 

抗生物質

 

抗生物質のお薬を1週間程度飲めば治ることがほとんどです。
ただ、お仕事が忙しくて病院に行けず抗生物質を服用していないと
慢性化してしまうことがあります。

 

慢性化してしまうと抗生物質のお薬を飲んでも簡単に治らないケースが多いです。

 

あと膀胱結石や膀胱腫瘍が原因で慢性膀胱炎になっている場合には
結石や腫瘍の治療をしないと膀胱炎が治りません。

 

つまり、急性膀胱炎が慢性化した場合も
結石や腫瘍のために慢性膀胱炎になった場合も簡単に治る病気ではないということです。

 

最後に慢性膀胱炎の症状の特徴としては
お腹の痛みが急性膀胱炎に比べて少ないことです。

 

慢性膀胱炎の症状は他にも
  • オシッコの回数が異常に多い
  • オシッコをするときに痛みを感じる
  • オシッコをしたくてしたくて仕方ない感覚が続く

 

などがあります。

 

続いて間質性膀胱炎に着いて解説します。

 

間質性膀胱炎は痛みの症状がでることがあるの?

スポンサードリンク

関連ページ

中高年型慢性膀胱炎とは?原因と治療法は?
中高年型慢性膀胱炎とはどんな病気なのでしょうか、また中高年型慢性膀胱炎の原因と治療法についてもあわせて解説しました。
慢性膀胱炎が治らない3つの原因とは?
慢性膀胱炎が治らない3つの原因についてわかりやすく解説しました。
慢性膀胱炎の治し方
慢性膀胱炎の治し方についてわかりやすく解説しました。
非細菌性慢性膀胱炎なら治療はどうするの?
非細菌性慢性膀胱炎なら治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。
慢性膀胱炎にクランベリーはどうなの?
慢性膀胱炎にクランベリーはどうなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎