残尿感 膀胱炎 病院

膀胱炎が原因で起こる残尿感は病院に行ったら治るの?

膀胱炎になるとオシッコをした後またオシッコをしたい感覚になることがあります。
このことを残尿感と言います。

 

残尿感

 

残尿感とはトイレに行って排尿をして膀胱の中にはオシッコが残っていないのに
すぐにまたオシッコを出したいと感じる症状を言います。

 

ちなみに残尿と残尿感は違います。

 

残尿は本当にオシッコが膀胱に残っている状態です。
残尿『感』は膀胱にオシッコが残っていないのにオシッコがしたい感覚のことです。

 

で、残尿感を感じる病気として

  • 前立腺肥大症
  • 膀胱炎
  • 前立腺炎
  • 膀胱結石
  • 膀胱腫瘍

 

などがあります。

 

この記事では膀胱炎による残尿感は病院で治療できるのか?解説します。

 

膀胱炎による残尿感は病院で治療できる?

 

膀胱炎の多くはばい菌が膀胱で繁殖することで起こります。
治療としてはばい菌をやっつける作用のある抗生物質というお薬を服用します。

 

抗生物質

 

1週間くらい抗生物質のお薬を飲むと
膀胱内のばい菌は死滅し、膀胱炎は治ることがほとんどです。

 

ただ、「抗生物質で残尿感は消えるの?」
と疑問に感じる方もいるかもしれません。

 

膀胱炎が原因で残尿感を感じるのは
ばい菌が膀胱の粘膜を荒らすことで炎症が起こり知覚神経を刺激するからです。

 

知覚神経というのは痛みやかゆみを感じる神経のことです。
口の中に虫歯ができたら、冷えた水を飲むだけで歯がしみることがあります。

 

これも知覚神経が刺激されるから痛みを感じるのです。
虫歯の原因はばい菌です。

 

これと同じで膀胱炎の原因だってばい菌ですから
知覚神経が刺激されて、痛みを感じたり残尿感がでるのは想像に難くありません。

 

膀胱炎で残尿感の症状があっても抗生物質を服用してばい菌が死滅すれば
時間とともに膀胱粘膜の状態がよくなっていきます。

 

その結果残尿感が消えるのは当然です。

 

また、抗生物質は病院でしか手に入りません。
ネット通販や薬局で気軽に抗生物質を手に入れることができないということです。

 

したがって膀胱炎による残尿感の症状は病院で治療が可能です。

 

あとは膀胱炎の症状を悪化させるような飲み物や食べ物を避けることで
より残尿感の症状が治りやすくなりますよ。

 

膀胱炎の治し方|この飲み物はもしもの時に頼れる!

 

食事を利用した膀胱炎の治し方

スポンサードリンク

関連ページ

病院に行けない時の膀胱炎の対処法は?
病院に行けない時の膀胱炎の対処法についてわかりやすく解説しました。
女性が膀胱炎になったら何科の病院に行ったらいい?
女性が膀胱炎になったら何科の病院に行ったらよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
膀胱炎疑いで病院に行くといくら請求されますか?
膀胱炎疑いで病院に行くといくら請求されるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎