間質性膀胱炎 原因

間質性膀胱炎を引き起こす3つの原因とは?

膀胱炎の原因のほとんどはばい菌です。
「膀胱炎の原因は?」と質問すると誰でも「ばい菌です」と答えれるほどです。

 

間質性膀胱炎

 

ですが間質性膀胱炎の原因は違います。
言いますか、「間質性膀胱炎の原因は100%これです!」
というほどはっきりとした原因はわかっていません。

 

とはいえ、「もしかしたら間質性膀胱炎の原因はこれかな!?」
と考えられているものが3つあります。

 

この記事では間質性膀胱炎の原因だと考えられているものを3つご紹介します。

 

間質性膀胱炎の3つの原因

 

膀胱の粘膜が弱っている

 

間質性膀胱炎

 

膀胱の粘膜が弱ることが原因で間質性膀胱炎が起こるという説があります。

 

膀胱粘膜が弱ることでオシッコが膀胱の粘膜に浸み込んで行くという刺激で
オシッコをしても残尿感が残りますし、頻尿にもなってしまうわけです。

 

ただ、原因が確定しているわけではありません。
あくまで「膀胱の粘膜が弱っているから間質性膀胱炎が起きているのでは?」
という一つの説にすぎません。

 

アレルギー

 

人間の体にばい菌やウイルスが侵入しても健康であれば腐ったりすることはありません。
それは免疫があるからです。

 

ただ、免疫が過剰に働くと体がかゆくなったり痛くなったりします。
これをアレルギーと言います。

 

アレルギー反応が膀胱に起こって間質性膀胱炎を起こしているのではないか?
と考えられているわけです。

 

知覚神経が過敏になっている

 

知覚神経は痛みやかゆみを感じる神経のことです。
たとえばお口の中にも知覚神経があります。

 

たとえば虫歯で悩んでいる方の場合
冷たい水を飲むだけで口の中がしみて痛いことがあります。

 

これは虫歯で歯肉が落ち、知覚神経に冷たい水が当たるからです。

 

膀胱にも知覚神経があります。
膀胱の知覚神経が過敏に反応するようになり
ちょっとした刺激(オシッコがたまるなど)でも痛みを感じ
残尿感や頻尿で悩まされる
と考えられています。

 

以上が間質性膀胱炎の原因3つでした。

 

ただ、上記の原因は明確な根拠がありません。
参考程度にお願いします。

 

続いて間質性膀胱炎だと診断された場合に行われる治療法をご紹介します。
間質性膀胱炎でおこなう6つの治療法とは?

スポンサードリンク

関連ページ

間質性膀胱炎でおこなう6つの治療法とは?
間質性膀胱炎でおこなう6つの治療法についてわかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎は痛みの症状がでることがあるの?
間質性膀胱炎は痛みの症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎を悪化させる食べ物とは?
間質性膀胱炎を悪化させる食べ物についてわかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎は血尿の症状がでることがあるの?
間質性膀胱炎は血尿の症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎なら尿検査で白血球や赤血球が見つかるの?
間質性膀胱炎なら尿検査で白血球や赤血球が見つかるのでしょうか?分かりやすく解説しました。
間質性膀胱炎で腰痛の症状がでることってあるの?
間質性膀胱炎で腰痛の症状がでることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
難治性間質性膀胱炎とはどんな病気?
難治性間質性膀胱炎とはどんな病気なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
女性が間質性膀胱炎になったら症状は?
女性が間質性膀胱炎になったらどんな症状がでることがあるのでしょう?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎