間質性膀胱炎 尿検査 白血球

間質性膀胱炎なら尿検査で白血球や赤血球が見つかるの?

間質性膀胱炎は日本全国で約25万人の患者さんがいると言われています。
アメリカでは70万人以上の患者さんがいるそうです。

 

そして間質性膀胱炎の患者さんの9割が女性です。
女性に多い病気だということですね。

 

間質性膀胱炎

 

間質性膀胱炎の症状に関してはこちらの記事をご覧ください。
間質性膀胱炎は痛みの症状がでることがあるの?

 

間質性膀胱炎は血尿の症状がでることがあるの?

 

一般的なよくある膀胱炎の原因はばい菌が原因です。
ですが、間質性膀胱炎の原因はばい菌ではありません。

 

間質性膀胱炎は原因が今のところわかっていません。

 

「じゃ、どうやって間質性膀胱炎かどうか調べているの?」
と疑問に感じる方もいるでしょう。

 

間質性膀胱炎かどうか診断する方法の一つとして尿検査があります。

 

尿検査では

  • タンパク質
  • 尿糖
  • pH
  • ばい菌の有無
  • 結石などの成分の有無
  • 腫瘍などの異常な細胞がないか
  • 潜血の有無(血尿の有無)
  • 白血球の有無

 

などを診ます。

 

一般的な膀胱炎なら

  • ばい菌がいます
  • 潜血(赤血球がでている)が陽性

 

であることがほとんどです。

 

でも間質性膀胱炎はばい菌が原因ではありません。
だからばい菌は尿検査では出てきません。

 

赤血球もほとんど出てきません。
ところが間質性膀胱炎だと白血球がオシッコに出てきます。

 

白血球は免疫力に関係する細胞です。
炎症があると白血球が活動します。

 

つまり間質性膀胱炎の患者さんに尿検査を行うと
  • 白血球が出てきている
  • ばい菌はいない

 

この2つが確認できます。

 

間質性膀胱炎はまだ原因がはっきりとはわかていません。

 

ですが、自分の免疫細胞(白血球など)が
自分の膀胱を攻撃して膀胱炎を起こしているのではないか?という説があります。

 

自分の免疫細胞が自分の膀胱を攻撃するからばい菌はオシッコ中にないけど白血球が見つかるのかもしれませんね。

 

続いて間質性膀胱炎の治療法について解説しました。
間質性膀胱炎でおこなう6つの治療法とは?

スポンサードリンク

関連ページ

間質性膀胱炎でおこなう6つの治療法とは?
間質性膀胱炎でおこなう6つの治療法についてわかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎は痛みの症状がでることがあるの?
間質性膀胱炎は痛みの症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎を悪化させる食べ物とは?
間質性膀胱炎を悪化させる食べ物についてわかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎は血尿の症状がでることがあるの?
間質性膀胱炎は血尿の症状がでることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎を引き起こす3つの原因とは?
間質性膀胱炎を引き起こす3つの原因についてわかりやすく解説しました。
間質性膀胱炎で腰痛の症状がでることってあるの?
間質性膀胱炎で腰痛の症状がでることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
難治性間質性膀胱炎とはどんな病気?
難治性間質性膀胱炎とはどんな病気なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
女性が間質性膀胱炎になったら症状は?
女性が間質性膀胱炎になったらどんな症状がでることがあるのでしょう?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎