膀胱炎 薬 効果

膀胱炎の薬の効果を最大限に発揮する方法

膀胱炎の原因はばい菌です。
ばい菌にはいろんな種類があります。

 

ばい菌

 

たとえば

 

  • サルモネラ菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • レジオネラ菌
  • ストレプトコッカス菌
  • 緑膿菌
  • 大腸菌

 

などなど、ばい菌にはいろんな種類があります。

 

ですが膀胱炎の原因になるばい菌はほとんど大腸菌です。

 

大腸菌は人間の肛門や性器周辺にいます。
だから膀胱炎はトイレや性交渉が原因で起こりやすい病気といえます。

 

抗生物質

 

ところで膀胱炎になったらお薬で治療します。
膀胱炎の原因はばい菌ですからお薬は抗生物質を使用します。
抗生物質はばい菌をやっつける効果があるからです。

 

具体的には抗生物質を3日〜1週間程度飲みます。
お薬を飲み始めて2〜3日で効き始めます。

 

ではどうやって抗生物質は膀胱炎の改善に効果を発揮しているのでしょう?

 

膀胱炎の治療薬はどうやって効果を発揮している?

 

腎臓と膀胱

 

抗生物質のお薬を飲むと胃から腸に行きます。
腸で抗生物質が吸収され、肝臓に行き血液を伝って腎臓に行きます。

 

ちなみにオシッコは

 

腎臓

 

↓ ↓ ↓

 

尿管

 

↓ ↓ ↓

 

膀胱

 

↓ ↓ ↓

 

尿道

 

↓ ↓ ↓

 

排尿

 

という流れで出ていきます。

 

腎臓でオシッコを作り抗生物質を一緒に尿管を伝って膀胱に流れます。
そして膀胱にいるばい菌をやっつけることで効果を発揮しているのです。

 

ということはオシッコの量が少ないと膀胱に流れる抗生物質の量も少なくなるわけです。

 

となるとばい菌をやっつける力が落ちます。
その結果治るのに時間がかかるわけです。

 

オシッコの量が少なくなる原因はお水を飲む量が少ないためです。

 

膀胱炎のお薬

 

つまり膀胱炎のお薬の効果を最大限に発揮するにはお水をたくさん飲むことです。

 

最後にまとめますと膀胱炎の薬の効果を最大限に発揮するには
以下のようなメカニズムからお水をたくさん飲むことです。

 

膀胱炎の原因は大腸菌というばい菌

 

↓ ↓ ↓

 

抗生物質は大腸菌をやっつける効果がある

 

↓ ↓ ↓

 

抗生物質は腎臓からオシッコとして膀胱に流れ効果を発揮

 

↓ ↓ ↓

 

お水をたくさん飲めば尿量が増える

 

↓ ↓ ↓

 

尿量が多い方が抗生物質がたくさん膀胱に流れる

 

↓ ↓ ↓

 

膀胱炎の改善が早くなる

 

ということです。

 

オシッコとのトラブルにおすすめです
残尿感でつらいならコチラをおすすめします

 

 

こちらも参考に!⇒病院に行けない時の膀胱炎の対処法は?

 

スポンサードリンク

関連ページ

慢性膀胱炎に漢方薬ってどうなの?
慢性膀胱炎に漢方薬って効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
膀胱炎のお薬は何日くらい飲む必要があるの?
膀胱炎のお薬は何日くらい飲む必要があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
膀胱炎でよく使うメイアクトってどんなお薬なの?
膀胱炎でよく使うメイアクトってどんなお薬なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
フロモックスというお薬は膀胱炎に効果があるの?
フロモックスというお薬は膀胱炎に効果があるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
ロキソニンは膀胱炎に使えるお薬なの?
ロキソニンは膀胱炎に使えるお薬なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
膀胱炎の薬を飲む期間はどれくらい?
膀胱炎の薬を飲む期間はどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
犬が膀胱炎になったらどんな薬を使うの?
犬が膀胱炎になったらどんな薬を使うのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎