尿路感染症 赤ちゃん 症状

赤ちゃんが尿路感染症に!症状は?

赤ちゃんにも尿路感染症が起こることがあります。

 

赤ちゃん 尿路感染症

 

「そもそも尿路感染症って何?」とよくわからない方のために
まず尿路感染症とは何か、解説します。

 

尿路感染症とはオシッコができて
体の外に出ていくまでの通路に起こるうつる病気を指します。

 

オシッコができて体の外に出ていくまでの通路を順番に示しますと

 

腎臓⇒尿管⇒膀胱⇒尿道⇒排尿

 

となります。

 

つまり、腎臓から尿道にかけて起こるうつる病気のことを
尿路感染症というわけです。

 

赤ちゃんにも腎臓や尿道がありますから尿路感染症が起こることがあるわけですね。
この記事では赤ちゃんに尿路感染症が起きたらどんな症状がでるのか?解説します。

 

 

赤ちゃんに尿路感染症が起きたらどんな症状がでるの?

 

赤ちゃん 尿路感染症

 

赤ちゃんの尿路感染症はばい菌が膀胱で繁殖する膀胱炎が多いです。
オシッコの出口である尿道口に大腸菌というばい菌が侵入することで起こります。

 

大人が膀胱炎になるとオシッコの回数が増えたり
お腹が痛くなるといった症状がでるので「もしかして膀胱炎かも?」と自分で把握できます。

 

でも赤ちゃんが膀胱炎になっても
「お母さん、お腹が痛いよー」とか
「お母さん、オシッコに行きたいよ」とは言えません。

 

単純におむつにオシッコをしているだけです。

 

では赤ちゃんが尿路感染症の一種、膀胱炎になるとどんな症状が出るのでしょうか?

 

赤ちゃん 尿路感染症

 

赤ちゃんが尿路感染症(膀胱炎)になると症状としては
  • 38.5℃以上の高熱が出る
  • ギャンギャン泣いていかにも機嫌が悪そうに見える
  • 吐いたり下痢したりする
  • 調子が悪くて母乳を飲みたがらなくなる
  • おむつに残っている尿の色が赤い
  • おむつに残っている尿がいつもより臭くなる

 

などがあります。

 

もし以上のような症状が赤ちゃんにあるなら
一度小児科に連れて行きましょう。

 

膀胱炎であればオシッコの検査や超音波検査などで尿路感染症(膀胱炎)だとわかります。

 

以上、赤ちゃんが尿路感染症になったらどんな症状がでるか?解説しました。

 

赤ちゃんが尿路感染症に!症状は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法
赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法についてわかりやすく解説しました。
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因とは?
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因についてわかりやすく解説しました。
赤ちゃんが尿路感染症に!治療はどうする?
赤ちゃんが尿路感染症になったら治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎