尿路感染症 赤ちゃん 予防

赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法

赤ちゃん 尿路感染症

 

尿路感染症とは尿を作る腎臓から
オシッコの出口付近である尿道までの通路で起こるうつる病気のことをいいます。

 

具体的に尿路は

 

腎臓⇒尿管⇒膀胱⇒尿道⇒尿道口⇒排尿

 

という形でです。

 

感染症(うつる病気)には
  • ばい菌
  • ウイルス
  • カビの仲間(真菌)

 

があります。

 

赤ちゃんでよくある尿路感染症は膀胱炎が多いです。
膀胱炎の原因はたいていウンチに多く含まれている大腸菌です。

 

赤ちゃん 尿路感染症

 

大腸菌が尿道口から侵入し膀胱まで移動して繁殖し膀胱炎が起こります。
尿路感染症(膀胱炎)が起きても赤ちゃんは
具体的にお母さんに自分の症状を伝えることができません。

 

そのため、泣いたりわめいたりするだけです。
とはいえ、もし尿路感染症が起きているなら
赤ちゃんの熱を測ってみると38℃以上の高熱が出ていることが多いです。

 

放っておくと膀胱にいるばい菌が尿管を伝い腎臓に移動し
腎盂腎炎を起こし命に関わる最悪の事態を招くこともあります。

 

そうならないためにも、この記事では
赤ちゃんが尿路感染症を起こさないための予防法について解説します。

 

 

赤ちゃんの尿路感染症予防法

 

赤ちゃんの尿路感染症の原因は大腸菌が尿道口から侵入することです。
だから尿道口(オシッコの出口付近)を清潔に保つようにしましょう。

 

たとえば、赤ちゃんがオシッコやウンチをしたら
気づいたらすぐにオムツを交換するようにしましょう。

 

オムツ交換

 

特に女の子の場合にはお尻を拭くにしても前から後ろに向かって拭くようにしてください。

 

後ろから前だと、ふき取ったウンチが尿道口に付着し
ばい菌が侵入し、尿路感染症を引き起こす可能性がありますから。

 

最後にまとめますと赤ちゃんが尿路感染症にならないために
どうやって予防をすればよいか?というと

 

  1. こまめにおむつを替えること
  2. 尿道口付近を清潔に保つこと
  3. お尻を拭くときは前から後ろに向かっておこなうこと

 

以上、3つを意識しましょう。

 

赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

 

スポンサードリンク

関連ページ

赤ちゃんが尿路感染症に!症状は?
赤ちゃんが尿路感染症になった場合にどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因とは?
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因についてわかりやすく解説しました。
赤ちゃんが尿路感染症に!治療はどうする?
赤ちゃんが尿路感染症になったら治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎