赤ちゃん 尿路感染症 原因

赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因とは?

尿路感染症

 

大人が尿路感染症を起こすと症状として
  • 頻尿
  • お腹が痛くなる
  • 残尿感

 

など症状を訴えてトイレに行くという行動や
家族や友人、お医者さんに「お腹が痛いしトイレが近くなった」と言うことができます。

 

でも、赤ちゃんはまだ言葉を発することができません。

 

だから赤ちゃんが尿路感染症を起こしても
大人の目で見える症状に気づいてあげる必要があります。

 

尿路感染症 赤ちゃん

 

赤ちゃんが尿路感染症を起こすと
  • 38.5℃以上の高熱
  • ずっと泣いていていかにも機嫌が悪そう
  • 嘔吐
  • 下痢
  • お母さんの母乳を飲まなくなる
  • オムツに付着した尿の色が赤い
  • オムツにしたオシッコの臭いが普段より臭い

 

などの症状がでます。

 

もしそんな赤ちゃんの症状に気づいたら尿路感染症の可能性が高いです。

 

なぜ赤ちゃんが尿路感染症を起こすのでしょう?
この記事では原因について解説します。

 

 

赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因

 

赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因はばい菌です。
オシッコの出口である尿道口からばい菌が侵入して膀胱に移動し、膀胱炎を起こすのです。

 

尿路感染症 ばい菌

 

ただ赤ちゃんはしゃべれませんから、お母さんが症状に気づいてあげられないと
さらに腎臓にまでばい菌が移動し腎盂腎炎を起こす可能性があります。

 

赤ちゃんの尿路感染症を防ぐにはオムツをこまめに交換することが重要です。
また、お尻についたウンチを拭いてあげるにしても
前から後ろに向かってしてあげましょう。

 

オムツ交換

 

後ろから前に向かって拭くと、ウンチが尿道口に付着し
ばい菌が尿道に侵入することがあるからです。

 

以上、赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因はばい菌です。
オムツに付着したばい菌が尿道口から侵入し膀胱炎を起こすことが多いです。

 

続いて赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法について解説します。
赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法

 

赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

赤ちゃんが尿路感染症に!症状は?
赤ちゃんが尿路感染症になった場合にどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法
赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法についてわかりやすく解説しました。
赤ちゃんが尿路感染症に!治療はどうする?
赤ちゃんが尿路感染症になったら治療はどうするのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎