尿路感染症 赤ちゃん 治療

赤ちゃんが尿路感染症に!治療はどうする?

赤ちゃんも尿路感染症を起こすことがあります。
大人の尿路感染症と違うところは、赤ちゃんは言葉を話すことができません。

 

赤ちゃん 尿路感染症

 

だから、症状が進行してから大人が尿路感染症に気づくところです。

 

赤ちゃんの尿路感染症の原因はばい菌が尿道口から侵入することです。
尿道口から侵入したばい菌が膀胱に移動し膀胱炎を起こします。

 

ちなみに尿路感染症とは尿路に起きる感染症のことです。

 

尿路は

 

腎臓⇒尿管⇒膀胱⇒尿道⇒尿道口⇒オシッコとして排泄

 

という通路のことを指します。
だから膀胱炎も膀胱に起こる感染症なので尿路感染症の一つです。

 

さらに詳しい原因についてはこちらの記事をご覧ください。
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因とは?

 

赤ちゃん 尿路感染症

 

赤ちゃんが尿路感染症を起こすと症状としては
  • 体温を測ると38.5℃以上ある
  • 「ギャーギャー」泣きわめく
  • 嘔吐や下痢などの消化器症状が出る
  • 食欲がなくなり母乳を飲まなくなる
  • オシッコの色が赤い(血尿)

 

などがあります。

 

さらに詳しい赤ちゃんの尿路感染症による症状については
こちらの記事をご覧ください。

 

赤ちゃんが尿路感染症に!症状は?

 

ここでは赤ちゃんが尿路感染症を起こした場合の治療法について解説します。

 

 

赤ちゃんの尿路感染症はどうやって治療するの?

 

赤ちゃんの尿路感染症はたいてい膀胱炎です。
原因はばい菌です。

 

ばい菌

 

ばい菌をやっつけるお薬は抗生物質です。
したがって赤ちゃんの尿路感染症の治療は抗生物質のお薬です。

 

約1週間くらい抗生物質のお薬で治療すると膀胱炎が治ってきます。
そして尿検査でばい菌がいなくなっていれば治療終了です。

 

ただ、あまりに尿路感染症がひどくて赤ちゃんの食欲がまったくない場合には
点滴で栄養補給をしながら治療をすることもあります。

 

以上赤ちゃんが尿路感染症を起こした場合の治療法について解説しました。

 

赤ちゃんが尿路感染症に!治療はどうする?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

赤ちゃんが尿路感染症に!症状は?
赤ちゃんが尿路感染症になった場合にどんな症状がでるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法
赤ちゃんの尿路感染症を予防する方法についてわかりやすく解説しました。
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因とは?
赤ちゃんが尿路感染症を起こす原因についてわかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎