高齢者 尿路感染症 治療

治療は?高齢者の尿路感染症について

高齢者 尿路感染症 治療

 

この記事では高齢者に尿路感染症が起きた場合の治療法のついて解説します。

 

まずそもそも尿路感染症とは
尿路に起こる感染症のことです。

 

尿路とは
  • 腎臓
  • 尿管
  • 膀胱
  • 尿道

 

と、オシッコが作られて体の外に出ていくまでの通路のことです。

 

尿(オシッコ)の路(通り道)という意味です。

 

感染症

 

感染症の原因には
  • ウイルス
  • ばい菌(細菌)
  • 真菌(カビ)
  • 原虫

 

などいろいろあります。

 

ですが、尿路感染症に限定すると
原因のほとんどが、ばい菌です。

 

ただ、高齢者に限定すると
尿路感染症の原因が他の年代より特殊です。

 

単純にばい菌が陰部から侵入して起こることもありますが
別の原因でばい菌が体に入って尿路感染症を起こすこともあります。

 

この記事では高齢者に起きた尿路感染症の治療法について解説します。

 

 

高齢者に起きた尿路感染症の治療法

 

高齢者の治療法

 

高齢者が尿路感染症を起こす原因として
  • 前立腺肥大症(男性のみ)
  • 前立腺がん(男性のみ)
  • 膀胱がん
  • 膀胱下垂
  • 神経因性膀胱
  • 腎盂尿管がん

 

などがあります。

 

上記の病気が悪化することでばい菌が尿路で繁殖して
尿路感染症を引き起こすのです。

 

なので高齢者の場合には元の原因を治療していきます。

 

手術

 

たとえば前立腺がんや膀胱がんが原因で尿路感染症が起きているなら
手術でガンを摘出することが重要です。

 

でないと全身にガンが転移して
いくら尿路感染症が治っても手遅れになってしまいます。

 

ともあれ、元の病気の治療をしながら尿路感染症の治療を行います。

 

抗生物質

 

尿路感染症の治療は高齢者であっても
高齢者でなくても抗生物質のお薬を飲むことです。

 

抗生物質のお薬を飲む期間についてはこちらの記事をご覧ください。
膀胱炎の薬を飲む期間はどれくらい?

 

高齢者の病気や使用されるお薬について関心のある方はこちら
介護者のための病気と薬がわかる本 高齢者がかかりやすい疾患、よく使われる薬と副作用

 

こちらも参考に!⇒高齢者が尿路感染症を起こしたら治療はどうする?

 

スポンサードリンク


 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎