女性 膀胱炎 原因 ストレス

女性が膀胱炎になる原因はストレス?

女性は膀胱炎になりやすいです。
なぜ女性の方が男性より膀胱炎になりやすいのか?理由は2つあります。

 

女性 膀胱炎

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。
(記事中盤に記載しています)
女性が膀胱炎になりやすい2つの理由とは?

 

そもそも女性が膀胱炎になる直接的な原因はばい菌です。
ばい菌の中でも大腸菌が原因です。

 

大便の中に大腸菌がたくさん含まれています。

 

たとえばトイレでトイレットペーパーなどに付着した大腸菌が
偶然にも尿道口に入って感染するケースがあります。

 

ちなみにオシッコは

腎臓⇒尿管⇒膀胱⇒尿道⇒尿道口⇒外

 

の流れで出ていきます。

 

健康な女性ならオシッコをすることで、尿道口から入ったばい菌を外に洗い流すことが可能です。

 

また、最悪膀胱にばい菌が入り込んでも
免疫力があればやっつけることができます。

 

つまり、免疫力の落ちた女性ほど膀胱炎になりやすいわけです。

 

「じゃ、免疫力ってどんなときに落ちるの?」となったときに
ストレスを挙げることができます。

 

女性 膀胱炎 ストレス

 

ストレスって簡単に言うと、イライラしたり興奮している状態です。
他人に悪口を言われてイライラしたり他人にケンカを売られて興奮したりです。

 

こんな感じでイライラしたり興奮している状態は自律神経の中でも交感神経が活発に働きます。

 

自律神経は私たちが意識しなくても体を動かす神経のことです。
たとえば心臓や血管は自分の意思で動かすことが出来ません。

 

こんな感じで自分の意思で動かせないところを動かす神経が自律神経です。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。
興奮したりイライラしているときは交感神経が働き、
リラックスしている時は副交感神経が働きます。

 

交感神経は心臓がドキドキ鼓動が早くなったり胃や腸の動きが悪くなり消化が悪くなったりします。
副交感神経は逆の働きをします。

 

つまり食欲がでたり、心臓の動きも遅くなり睡眠にも重要です。
心臓がバクバク動いて興奮している状態で寝れませんしお腹もすきませんね。

 

この辺は常識的な判断で大丈夫です。

 

女性 膀胱炎 ストレス

 

で、ストレスがたまりまくりの状態って興奮しているわけですから
交感神経が働きまくってます。

 

交感神経が働きすぎていると興奮して寝れないし食欲も落ちるわけです。

 

睡眠は体の抵抗力を上げると言われていますし
食事も抵抗力を上げるのに大事だと言われています。

 

つまり、ストレスがたまっていると
睡眠不足で抵抗力が落ち、食欲が落ちるため抵抗力がさらに落ちるわけです。

 

その結果、ばい菌が膀胱の中で繁殖しやすくなり膀胱炎になってしまうわけです。

 

したがって、女性がなりやすい膀胱炎の直接的な原因はばい菌です。
ただ、ばい菌をやっつけるための抵抗力を落とす原因はストレスです。

 

だから、お仕事や家事・育児に忙しくても適度に気分転換をはかるなどして
ストレスをためこまないようにしましょう。

 

ストレスを抱えないことが膀胱炎の予防につながりますから。

 

続いてもし膀胱炎になってしまったら
自然に治ることってあるのでしょうか?

 

お仕事や学校で病院に行けない方にとっては
気になるところだと思います。

 

自然治癒することってあるの?膀胱炎の治し方

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

女性が膀胱炎を起こすと血尿がでる原因とは?
女性が膀胱炎を起こすと血尿がでる原因についてわかりやすく解説しました。
女性が膀胱炎になると頻尿になる原因とは?
女性が膀胱炎になると頻尿になる原因についてわかりやすく解説しました。
初期の症状は?女性に多い膀胱炎
女性に多い膀胱炎の初期症状についてわかりやすく解説しました。
女性がよくなる膀胱炎は何科に行ったらいいの?
女性がよくなる膀胱炎は何科に行ったらよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 膀胱炎の原因 尿路感染症 尿道炎